休憩時間の上限はあるのでしょうか?

労働時間の長さに応じて与えなければならない休憩時間の下限は労働基準法第34条第1項に定められています。一般的な勤務時間としては拘束時間8時間45分で、45分休憩といったところでしょうか。できるだけ拘束時間が短い方が私生活の時間や睡眠時間の確保になります。しかし、業務によってはどうしても待ち時間が発生するために拘束時間が長くなってしまうこともあります。そこで今回は休憩時間の上限について説明します。

休憩時間の長さ

休憩時間の最低限度については、労働基準法第34条第1項に次のように定められています。

使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、

8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を

労働時間の途中に与えなければならない。

しかし、休憩時間の上限については労働基準法で定められていません。

例えば診療所で外来診療が午前中と夕方~夜の時間帯になっている場合、昼休憩が3時間くらいになってしまう勤務形態もありますが、適法と言えます。

休憩時間は自由でなければならない

労働基準法第34条第3項には、次のように定められていますので、当然、家に帰ろうと昼寝しようと休憩時間は労働から解放されて自由でなければなりません。

使用者は、第1項の休憩時間を自由に利用させなければならない

手待ち時間

休憩時間と混同されやすいのが手待ち時間です。

手待ち時間は、作業の待ち時間が終われば直ちに業務に従事しなければならず、完全に労働から離れることが保障されていない待機時間のことです。過去記事「判例クイズ|この中で労働時間になるのはどれでしょう?」で詳しく紹介していますが、手待ち時間は休憩時間ではなく、労働時間です。

自動車運転者には拘束時間が決められている

しかし、いくら休憩時間が長いとはいえ、拘束時間が長いことは、キツイと感じるのではないでしょうか。そこで、業種が限定されているものの、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(平成元年労働省告示第7号、改正平成3年労働省告示第79号、改正平成4年労働省告示第99号、改正平成11年労働省告示第29号)で拘束時間の上限が示されています。トラック、バス、タクシーで細かい基準は異なりますが、1日の拘束時間の原則が13時間以内であることや、1日の休息時間(=24時間-拘束時間)が8時間以上確保することの基準はトラック、バス、タクシーで共通しています。

むすび

休憩時間の上限について、労働基準法の定めはありませんが、トラック、バス、タクシーの運転手については、行政通達で拘束時間や休息時間の基準が示されています。